中国語を活かして働く!どんな仕事があるの?

中国語お役立ち

せっかく学んだ中国語、仕事にも活かしたいですよね。

でも中国語が関係ない仕事をしていると活躍の場がありません。

たまに使うだけじゃ、中国語ができても評価の対象にはなりにくい。

周りからはちょっと便利だなくらいの印象しか残らないです。

もしあなたが、中国語を活かしたいなら、中国語が武器になる仕事、職場を見つける必要があります。

まだ就職していないのなら、最初からあなたが活躍できる働き場所を選びましょう。

中国語を活かせる仕事は主に3つの道に分けられます。それぞれ見ていきましょう。

通訳・翻訳の専門家

中国語を活かした王道の仕事といえば、通訳・翻訳の仕事。

中国語のスペシャリストとして活躍する道は誰もがあこがれる仕事ですね。2020年の東京オリンピックを控え、ますます需要が増すものと思われます。

一方で、通訳者、翻訳者は競争が激しいのもまた事実。日本語が出来る中国人など、ライバルもいっぱいいて、ちょっとやそっとじゃ生計を立てられる仕事に出来ない可能性もあります。中国語通訳・翻訳を突き詰めるという覚悟がいる道ですね。

一握りしかいない売れっ子通訳者、翻訳者になれば年収1000万円も見えてきます。

翻訳者になること自体は簡単です。名乗ればいいだけです。

クラウドワークスココナラに登録すればすぐに中国語の翻訳を受けられます。

もう少し本格的な仕事を見つけるなら翻訳者ネットワーク「アメリア」に登録しておくとよいでしょう。安定した求人と仕事獲得のサポートが受けられます。ここで本業並みに稼いだり、力をつけて専業翻訳者になるの人もいますよ。

企業の中国エキスパート

中国語を活かせる仕事はたくさんありますが、がっつり企業で中国語を活かそうと思った場合、中国事業を行っているところや中国人相手のビジネスをしているところで働くのがベスト。

中国人に仕事を外注しているのであれば彼らを管理する仕事や、ホテルや飲食業など中国人客が多数を占めるサービス・飲食業などでも中国語は活躍します。

中国での新規事業開拓の仕事を任されれば、存分に中国語の力を発揮できますね。

企業の中の中国エキスパートの地位を確立できればサラリーマン生活も安泰です。

語学を活かして起業

中国語を活かしたい場合、自分で仕事を作ってみるのもありです。

これからは個人で稼ぐ力が益々重要視される時代になってくるからです。

副業を許可する企業も増えてきているので、中国語を活かしてぜひなにか

ビジネスをやってみるのがいいですね。

ウェブサイトを作れるなら中国語サイトを作ってみたり、中国の輸出入ビジネス

に取り組んだり、中国語教室を開いたり、色々と考えられます。

まずは副業からはじめてみてください。

まとめ

中国語を活かせる仕事はいくらでもありますが、それを自分で見つけて仕事にするということが大変。

情報収集を欠かさず、チャンスがあれば見逃さずどんどんチャレンジすることが大切です。

企業に就職する場合は、転職エージェントなどに登録して生の情報を集めておいたほうがいいです。

実際に中国語が活かせるのかをエージェントを通じて確認しておかないと、働き始めてから中国語が必要なかったなんてこともあります。

おすすめは転職アドバイスやノウハウなどの情報が豊富なマイナビエージェントですが、転職エージェントには複数登録しておいたほうがいい仕事を見つけやすいですね。

ぜひ、中国語を活かして仕事を見つけてください。

↓こちらの記事もおすすめ
中国語力を活かして在宅でお金を稼ぐ4つの方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました