学習ツール・教材

中国語に強い!2018年おすすめ電子辞書はこれだ!

更新日:

中国語を学ぶ上でなくてなならないもの、それが辞書。

英語の電子辞書に中国語も入っていものもありますが、やはり中国語に真剣に取り組むなら専用の辞書が必要です。

今回は、中国語学習にふさわしい電子辞書を選ぶ際のポイントとおすすめの電子辞書を紹介します。

電子辞書を選ぶポイント

特化型

まずは特化型を選ぶことが最低条件です。英語の電子辞書に中国語も含まれているものが売られていますが、それでは不十分です。

中日辞典や中中辞典、現代漢語大詞典など複数の辞典が入っている電子辞書を選ぶ必要があります。1つの単語に対して、複数の辞書の説明を読むことで、言葉への理解が深まるので、1つの単語に対して単純に意味だけ書いてある辞書では誤った中国語理解になってしまいます。

英語辞書に附属する中国語辞典だけでは、当然、一般語彙ぐらいしか掲載されていないので、古語、慣用句、新語などに対応できず、辞書で調べながら学習する際にかなりのストレスになるでしょう。

音声対応

音声対応も中国語電子辞書を選ぶ際のポイントのひとつです。中国語学習でもっとも苦戦するのが発音ですね。電子辞書にするからには、紙の辞書では絶対出来ない音声機能はほしいところです。

辞書で調べても、ピンインや四声などを間違って覚えてしまうと、リスニングで一切聞き取れなくなるので、耳から覚えておくことはかなり重要になってきます。

例文

例文の豊富な辞書のほうが学習に向いています。単語だけ意味を覚えていても、実践で使えないことがでてくるので、例文を見ながらどのように使うかも一緒に覚えることが大切です。

使いやすさ

液晶画面が見やすいか、文字は大きいか、目が痛くならないかなど、機能面でも自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

使いにくい辞書を選んでしまうと、いつの間にか使わなくなってしまうということも起こります。

どのメーカーか

中国語の電子辞書に関しては、実質カシオの独壇場です。カシオのエクスワードシリーズが内容の豊富さ、機能、評判ともにナンバー1です。中国語を本格的に勉強する方で、電子辞書がほしい方はほぼカシオのエクスワード一択でしょう。

キャノンの「ワードタンクシリーズ」もありますが、内容量、機能面ではやはり劣ります。ただ、価格も安く、小さく軽量なので持ち運びやすいので、中国旅行やちょっとした調べ物をしたい場合にはちょうど良いです。

シャープの「PW-AC30」もワードタンク同様持ち運び便利なコンパクトタイプの電子辞書です。こちらは手書き機能もついているのでより使いやすい。

おすすめ電子辞書

カシオ エクスワード XD-Y7300 2016年モデル

中国語のおすすめ電子辞書は、はやりエクスワードの最新2016年モデル「XD-Y7300」です。

※2018年2月に最新モデル「XD-Z7300」が発売予定のため値下がりに期待。

【2018年02月09日発売】 【送料無料】 カシオ 電子辞書「エクスワード(EX-word)」(中国語モデル・110コンテンツ搭載) XD-Z7300WE (ホワイト)

中国語の手書き検索や四声ピンイン検索、日本語読み検索など検索機能が充実しており、なんといっても音声付きのコンテンツが最大の魅力。

中国語で大切な、耳から学習に力が入れられています。

また、NHKラジオ「まいにち中国語」のテキスト1年分が入っているので、テキストなしで辞書だけでも勉強が可能です。

お値段は3万円前後、型落ちならもう少し安い値段で手に入ります。私の周りでも、中国語を学ぶ人のほとんどがエクスワードですね。汚れが目立つからなのか色はレッドの方が多いです。

キャノン 中国語対応モデル WORDTANKA501

持ち運びのしやすさと、液晶の見やすさ、価格の手ごろさが受けて、人気なのがキャノン「WordTank A 501」。

中国人と中国語で日常会話をしたい分には十分な機能です。

初級者、中級者には便利で使いやすい辞書でしょう。更に上を目指すならエクスワードシリーズしかないでしょう。

シャープ PW-AC30

出張に行くビジネスマンや旅行者に人気のシャープPW-AC30。

コンパクトで持ち運びに便利な上、読めない単語を手書きで入力できるのは大変使いやすい。

内蔵されている単語量はエクスワードに比べて少ないですが、動作も速く、操作するときにストレスなく使えます。

イヤホンつきでネイティブ音声も収録されているので、どこでも手軽に勉強できます。

スマホではダメなのか

最近はスマホでも中国語の意味が調べられるようになりましたね。確かに、簡単に辞書よりも手軽に持ち運べ、検索したらすぐに意味が調べられます。iPhoneだと音声認識で中国語の文字まで打ち込めるようになりました。

辞書を買わず、スマホだけで勉強しようと思っても十分可能ですね。

しかし、私は電子辞書はあるほうがまだまだ中国語習得には効率的だと思います。

まず、スマホだと辞書の種類が少なく、1単語に対しての説明が圧倒的に少ないです。ふさわしい訳が見つからないことも多々あります。単語の意味以上のことが調べられないので、複雑な中国語には対応できません。

また、手書きを含め、四声、ピンイン検索、逆引き検索などが出来ないので、ストレスになることもありますね。

本を読んでいてピンインが分からない単語などはスマホでコピー&ペーストが使えず、調べるのに一苦労します。

はやり自分専用の電子辞書を持つことが学習へのモチベーションにもなりますし、深い中国語理解につながりますね。

まとめ

本気で中国語を勉強している方は、迷わず電子辞書を購入すべきです。これから長く中国語を学んでいこうと思っている方はぜひカシオのエクスワードシリーズの電子辞書を購入してください。留学する方は特に必須ですね。

多少お金が必要になりますが、勉強のコストパフォーマンスを考えると安いものです。

将来の就職活動にも大いに役立ちますしね。

今なら初月無料!動画を見るなら【ビデオマーケット】

 

スポンサードリンク

-学習ツール・教材

Copyright© 中国語シャワー , 2019 All Rights Reserved.